東京女子学園高等学校 TOKYO JOSHI GAKUEN Senior High School

TOKYO JOSHI GAKUEN Junior and Senior High School

教科学習

CURRICULUM

CURRICULUM 03各教科の取り組み

探求型アクティブ・ラーニング(能動的学習)で
一人ひとりの思考力・表現力を伸ばす

国語JAPANESE

国語力は要約力

評論文の各段落のトピックセンテンス(筆者の一番言いたい箇所=意見)を見つけ、それをつなぎ合わせて100字で要約文を作ること、それが高校1年の初めの授業です。【東京女子学園地球思考コード】のA2にあたる学習です。国語力とは要約力です。筆者の意見を正確に読み取り、その上で自分の意見を構築していく。それが、卒業時に2000字の小論文とそれに相当するプレゼンテーションを行える能力A3・B3に結びついていきます。

CLASS REPORT知的ゲームとして入試問題に挑む

高校1年特進コースの授業です。大学入試評論文を使い、自分たちで入試問題を作ってみようというグループ学習です。まず、入試問題を解くことで文章を理解します。その上で、設問されていない箇所から、問題を作ります。選択肢の問題は、まず正解を作って、それから誤答を作っていきますが、これが難しい。答えが揺れないように、答えはコレしかないというように選択肢を考えることで深い読解力が養われます。1時間目を終了した生徒の感想は「先生ってスゴイネ」でした。「こんな難しいことして、いつも定期試験作ってたんだ」この授業のあとは、気が抜けません。なぜなら、手の内を全部明かして、その上でテストを作らなくてはならないからです。でも、それ以上にテストを知的ゲームとして余裕をもって受けられるようになる生徒の成長が楽しみです。

CLASS REPORT朝読解

全校生徒がホームルームの時間に行う「朝読解」では、新聞の社説や署名記事を序論・本論・結論の3つの文に要約します。読む力を書く力へとつなげる取り組みです。読解力をつけ、文章の構造を学習し、読み取った情報を自分の言葉で再構築する力や思考を整理する力を養います。

授業の様子を動画で見る

数学MATHEMATICS

さまざまな問題を数学的に考察する
論理的な思考力は数学で身につける

数学で大切なのは、自ら問題を解決しようとする力と、ものの考え方を式にして表す論理的思考力です。授業では、この2つの力を育むことを目標に展開しています。また、実験やグループ学習を取り入れ、その過程で定理や公式の本質を見抜き、数学を道具として現実的な問題を解決できることを実感してもらいます。そして、数学を学ぶことで論理的な思考力を身につけ、将来直面するさまざまな問題の解決に役立てて欲しいと考えています。また、一人ひとりの進路に合わせた無駄のない授業を選択できることが本校のカリキュラムの特徴です。数学Ⅰ・数学A・数学Ⅱは全員が履修し、数学B・数学Ⅲ・数学演習は選択制で、希望者のみが履修します。

CLASS REPORT現象を目でみる

高1では仰角測定器を工作し、本校から東京タワーまでの直線距離を計測する授業を行いました。これは三角比の応用で、教室で学習した三角比を活用する良い機会となりました。また、高2では、立方体の木片を組み立て、数列の2乗和や3乗和の公式を発見しました。このように、徐々に抽象化される高校数学も身近な現象へモデル化・単純化することで生徒も積極的に取り組むことができます。

CLASS REPORT自由度の高いカリキュラム

多様な進路希望に応えられるよう、高2・3年次は選択制の科目が複数用意されています。ひとことに理系志望といっても数学Ⅲを必要とする・しないに分けることができます。このような生徒の希望に応じて、また、文系の国公立志望者にも対応できるようなカリキュラムとなっています。特に高3「数学演習」は、既習科目の演習になりますので、受講生徒の希望や実力に応じて、大学受験に向けた指導を徹底しています。

授業の様子を動画で見る

英語ENGLISH

自分の言葉で、世界に発信できる女性(ひと)になるために
スキルとしての英語と異文化理解のトビラをひらく

「楽しくなくっちゃ英語じゃない」をモットーに4技能をバランスよく伸ばしています。「話す・書く・読む・聴く」4技能を向上させるためには英語学習が楽しいと思えることが大切です。授業では、東京女子学園英語科のオリジナルテキスト"World Study"やタブレットをフル活用するなど、自然と英語が話せるようになるプログラムを展開しています。また、英語のスキル習得に留まらず、英語を使って異文化を学んだり、プレゼンテーションをするなど、英語をトリガーとして、思考力・判断力・自己表現力を養います。さらに、自分とは異なる人々を理解し、自在にコミュニケートする言語能力を獲得することが最終目標です。

CLASS REPORT英語を中心に〈学び〉を総合する

スピーキング指導も徹底しています。会話を継続できる能力ももちろんですが、論拠としてのデータを整理し効果的に伝えるプレゼンテーション能力を育む授業も展開しています。まずは、自分の意見を持つこと。そして、教科を超えて、論理的に自分の意見を説明できるように〈学び〉を深め、最後は効果的にどのように伝えるべきか、ネイティブ教員とともに英語力を総合的に高めます。スクリプトはネイティブ教員の添削を受け、発音練習もタブレットを用いながら随時行っています。日常会話だけでなく外部検定試験対策も各授業で実施し、卒業後こそ生きる英語力を身につけられるよう導いています。

CLASS REPORT生涯にわたり4技能を積極的に使える英語力

文系選択者は週8〜11コマ、理系選択者は週6~7コマの英語授業を受講します。
リーディングに特化した科目では、発音・語彙・文法等の間違いを恐れず、積極的に英語を使おうとする態度を育成し、文章の内容や文脈を理解することに留まらず、英文から得られる情報を把握した上で、その表現を通して結果として何を伝えようとしていたのか、筆者の意図と表現の背景を考察します。また、その考察を踏まえて、自身の意見を明確に持ち、論理的に正しく相手に伝えられるように繰り返し演習を行います。スピーキングとリスニングに特化した科目では、幅広い話題について討論・発表する活動を充実させ、英語を用いたコミュニケーションを行う機会を増やしています。ライティングに特化した科目では、生徒は英作文をタブレットに入力し、教員に送信します。そのデータをクラス全員で共有します。生徒の多様な英語表現を把握しながら、生徒自身が基礎的な知識として何が不足しているのかを分析し、改善することができます。
高校卒業時までに英検2級から準1級程度の資格取得を目標とし、大学入試〈新テスト〉に対応できる学力のみならず、生涯にわたり4技能を積極的に使える英語力と、そのスキルを用いつつ〈地球思考〉を持って主体的に課題解決をするために必要な思考力・判断力・表現力を育みます。

授業の様子を動画で見る

社会SOCIAL STUDIES

過去・現在・未来を多面的に探究し
世界とつながる女性(ひと)をめざす

「未来の仏像の姿はどうなっていますか?」暗記だけでは答えは得られません。仏像が造られた時代的な背景や現在の世の中の情勢を多面的に捉え、そして未来を予測する豊かな発想力を養うことで、すばらしい答えが生まれるのです。社会科(地歴・公民科)に含まれるすべての科目では、過去の学習を通じて現在の社会との比較をし、未来へとつなげていくことを主眼としています。より多くの情報を得るために、授業ではさまざまな形でICT機器を利用しています。プロジェクターで地図や画像・動画を写し空間的・立体的にものごとを捉えたり、一人ひとりがタブレットを使用して世界中から情報を収集・精査することなどに取り組んでいます。また自分の考えをしっかりと持ち、ICTを使用して情報発信することのできるスキルを身につけています。そして、未来において「世界とつながる女性(ひと)」へと成長できることをめざしています。

CLASS REPORT未来の仏像の姿

歴史とは、過去を知ることによって今を考え、これからの未来を予想するための学習です。過去の出来事を学ぶことは知識を吸収することです。その知識を活かして今や未来を考えられる思考力を研くために、高校日本史では「未来の仏像の姿」を考える授業をしています。仏教は6世紀中期に朝鮮半島から伝来した外国文化の象徴です。この外国文化は時代の流れとともに日本の文化の一つとして定着していきます。定着する過程の中で仏像の表情も変化します。その表情から何を感じるかを各自が考え、他の生徒との意見交換を通して新しい発見をしてもらいます。各自が考え、話し合った中から、生徒は仏像の目や表情の変化に気づきます。そして外国文化がどのように日本の文化として変わっていくのかを考察し、未来の仏像はどのようになるかを創造します。この授業を通して複数の答えを考えることで、将来の自分やこれからの社会を考えるための一考察としています。

CLASS REPORT立体的・空間的な思考を鍛える

プロジェクターを使い、黒板に板書事項と画像(地図や人物写真や相関図など)、動画を表示させて授業を行います。また、iPadも併用し、気になることや、つながりをそのたびに調べさせます。これにより言葉や文字で説明されたところを、頭の中にしっかりとしたイメージができるようになります。世界史は、地域ごと時代ごとに学びつつ、他の地域と、他の時代とを繋ぎ立体的・空間的に捉えなくてはなりません。女子生徒の多くが苦手とする立体的・空間的な思考を鍛え、世界全体を捉えることができるようにもなります。またプロジェクターを使うことにより効率よく講義をすることができます。そのため1回の授業で前回の授業の復習とその日の授業の振り返りをする時間も取ることができ、知識の定着に繋がります。その結果として成績も飛躍的に伸び、大学入試において世界史は得意科目として多くの生徒が活用しています。

授業の様子を動画で見る

理科SCIENCE

まずは興味関心を持つことから学習

高校理科では、大学受験での学力・得点力をつけるだけではありません。今生きている時代とこれから生きていく時代において、地球規模の広い視野、より善く生きる力を身につけるための授業に取り組んでいます。単元ごとに実験を行い、各自、もしくはグループでレポートの作成をします。また、今学習していることが、どのように発展させられるのか、どのように社会貢献できるのかを考えます。論理的思考・批判的思考・創造的思考をし、より良い社会にしていくために、どのように科学を使っていくかを考え、プレゼンテーションをします。その際にルーブリック評価表を使用し、自己評価します。ただ単純に知識を得るだけの教科ではなく、これからの社会で生きていくうえで必要な能力を養成していく教科として授業を進めています。

CLASS REPORT理科の授業を自らデザインする

昨今、日本の学生の自己肯定感の低さが問題視されています。本校ではその状況を受けて、学習面においても生徒が自主的に活動することで、自己肯定感を高めたいという思いから、アクティブ・ラーニングの手法の一つである生徒主導型授業を組み入れました。
授業で習ったことをもとに単元ごとに、生徒がその分野を深く理解できる内容の実験を考える。そして、生徒が先生役として実験・授業をしていくプログラムを行っています。教員では思いつかないようなユニークな実験になり、毎年教員側も楽しみにしている授業です。
「知らないことを知らない」ではなく「何がわからないかがわかるようになった」や自分で考えてできるものが増えたなど、生徒達が前向きに学習に取り組んでる様子がうかがえます。一方的な授業ではなく、質問しやすい環境で学習ができ疑問が解消されやすいことが、生徒達のやる気を引き出しているように感じます。

CLASS REPORTより深く考え、楽しむこと

「探究心や科学的な視点」を育成するため、夏休み明けに生徒による発表授業を行っています。自らテーマを見つけ、どのように調べるのか。また、伝えたいことをタブレットのプレゼンテーションツールを使用してどのように表現するのか。発表後、アンケート集計を行いながら、自分の発表の評価を受け、振り返りを行っています。大切にしていることは「より深く考え、楽しむこと」です。テーマの中には、「蚊」・「東京に住むタヌキについて」・「食虫植物」・「外来種」等バラエティに富んでおり、一つのことを学ぶことを通じて、また新たな疑問が生じてきます。この体験を通じて、生物の複雑さや共通性をより深く理解すると共に生徒同士が学び合う関係を築きながら一人ひとりが自立して学ぶ力を身につけ、成長する姿を見るのも楽しみの一つです。

授業の様子を動画で見る

芸術ART

多様な価値を受け止め
自分の視点を持ち続けるための表現力を養う

生徒自ら表現手段を選び、制作・発表する芸術の授業を行っています。自分の思いや考え、社会における自分の役割や価値観、問題意識など、常に考える機会を設けています。完成度の高い美しい作品、優れた発表よりも完成までに至るプロセスを大切に考えています。立ち止まってゆっくりと考えたり、想像の世界を大きくひろげたりしながら、それまで見えなかったものや気づかなかったものを明確に形にして表していきます。それが自分の視点を持ち続けるための大きな手引きとなります。

CLASS REPORTフォトコラージュ(美術)

撮影対象を選び、複数の写真を並べて、分解・再構成する授業です。見慣れている風景が新しく形として生まれ変わります。常にアンテナを張って、発想の源となるものを発見するための観察力、多角的な視点、構成力を養います。

CLASS REPORTグループ発表(音楽)

グループを作り、生徒自身で演奏形態や曲目を選択します。楽譜選びや練習計画など話し合いを重ね、互いの意見を尊重し、練習を重ねて主体的に作り上げる力を身につけます。互いの合唱・演奏を聴き合う発表会では、「音楽とは自分からするもの」と実感できます。

CLASS REPORTパフォーマンス(書道)

伝統的な表現手段である書道とダンスを融合させた新しい表現方法を学びます。運筆のプロセスを含めた見え方、見せ方を生徒自身で考え、学習を深めます。それぞれの個性や意見を尊重し高め合い、豊かな感性を育成します。

東女ギャラリー

授業の様子を動画で見る

保健体育HEALTH AND
PHYSICAL EDUCATION

スポーツライフ・チャレンジ・
コミュニケーション・チームワーク

体育では豊かなスポーツライフを実現するために、各種競技やダンスのより高度な技術習得を、めざして授業や行事が組まれています。またゲームや創作活動を通し、仲間と協力しながら課題を解決することで大きな達成感や喜びを実感し、人間性が磨かれていきます。多くのスポーツに触れることで、公正な態度と判断力を養い、競技に対する興味・関心を高め、視野を広げて行くことをめざすとともに、スポーツを通してさまざまな人との交流を持ち、国際人としての社会性を身につけていきます。保健では心身ともに成熟を迎えるにあたり、健康に関する問題に着目し、正しい知識と情報を取り入れながら、生涯にわたって健康を保持・増進していく態度を育成します。

CLASS REPORT創作ダンス発表会

テーマに沿った作品を作るために、曲選び、動き作り、舞台構成などを話し合いながら創造性豊かな作品に仕上げていきます。作品づくりを通して「コミュニケーション」「チームワーク」を深め、非日常の世界を演出していきます。発表会にあたっては、司会、進行、審査など生徒自ら運営してプログラムを進めていきます。

CLASS REPORT球技大会

生涯に渡りスポーツに親しめるよう、ソフトバレー・バドミントン・卓球から一種目を選択します。仲間と共に競技の特性を理解し、戦略を考え、練習を積み重ねて本番を迎えます。勝ち上がるごとにクラスにポイントが入るので、総合優勝をめざしてクラスが団結します。大会では係生徒・チームキャプテンが中心となり、自らの役割を果たすことでスムーズに運営され、イベントを作り上げていきます。

授業の様子を動画で見る

家庭HOME
ECONOMICS

自分らしい人生をつくるために、主体的に生活の仕方を考える

生活に関するさまざまな知識や技術を身につけることはもちろん、自分らしい人生をつくるために、これから自分がどのような生活を営んでいくのか現在の生活環境を見直し、自らの手で生活を営み自立した生活者になることをめざしています。家庭総合では衣食住の他、家族・地域関係、子育て、高齢化問題、経済や消費、地球規模での環境問題や生活課題について学び考えていきます。高校2年生の「ファッション造形基礎」では、ワンピースや浴衣(甚平)を制作します。高校3年生の選択科目には「フードデザイン」「保育」があります。

CLASS REPORT実習でみつける新たな発見

子どもの成長・発達を多角的に学びます。子どもの発達の特性・過程、子どもの生活、保育の必要性、子どもの福祉など幅広く学んでいます。また、座学に留まらず、離乳食体験、おやつの試食、お弁当実習、保育園実習など積極的に進めています。子どもと直接ふれあう保育園実習は、新たな発見や感動があり学ぶことがたくさんあります。

CLASS REPORT調理実習

フードデザインの授業では、献立作成の実践や食品の扱い方、調理技術の向上をめざし、隔週で調理実習を行っています。和洋中の日常食の献立の他、手打ちうどんやパーティー料理、環境に配慮したエコクッキングなどさまざまな実習をします。最後の調理実習では、班ごとに献立作成し、買い物から調理に関わるすべての行程を自分達で行う授業もあります。また、テーブルマナーやテーブルコーディネートなども学習します。

授業の様子を動画で見る

情報INFORMATION

情報を活用する力をつけよう

情報通信網の急激な発展とともに、人やさまざまな機器が互いにつながる社会になってきました。情報や通信のメカニズムの理解は重要になっています。情報科では情報の科学的な理解、情報化社会の課題、問題解決の手順、情報発信のプロセスなどを学習します。これらを通して安全に情報通信網を利用し、適切な情報発信ができることを目標としています。

CLASS REPORTチャートで思考をまとめる

問題解決には新しい発想や思考の整理が書かせません。ただ漠然と考えていてもこれらを得ることは難しいものです。そこで、特性要因図(フィッシュボーンチャート)やマンダラートチャート、ロジックツリーなどの図解法の利用を学習します。これらの技法は他の教科でも、学習のまとめなどに活用できます。

授業の様子を動画で見る