東京女子学園中学校 TOKYO JOSHI GAKUEN Junior High School

TOKYO JOSHI GAKUEN Junior and Senior High School

ニュース&トピックス

NEWS

NEWSニュース&トピックス

2018.11.26 スクールライフ

「外国人おもてなし語学ボランティア」育成講座77名参加!

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、東京都が主催している高校生対象の「外国人おもてなし語学ボランティア」育成講座が11月24日(土)に開催されました。

講座は、例えば 「1 コミュニケーションを磨く」では印象に残っているあいさつをグループでディスカッションして発表、そして配布された冊子のStudy Notesで確認という流れで進みました。ディスカッション、ペアワーク、ロールプレイ、ジェスチャーなどを取り入れたアクティブな講座で、笑い声が絶えませんでした。最後に全員で【おもてなし5か条】を作る時には、真剣に、取り組んでいました。3時間半があっという間でした。

「言葉の壁」を乗り越えて、「おもてなし」をするための、「笑顔」、「おもいやり」、「頑張って伝えようとする」などボランテイァマインドをしっかり学んだ講座でした。最後に受講登録証とバッチが配布されました。

生徒の感想をいくつか紹介します。

・笑顔で接することによって言葉が通じなくでも安心してもらえるということがわかった。

・私も海外に行った時にこのようにしてもらえたら嬉しいなと思うことを外国人の方にもすれば、おもてなしをすることができると学ぶことができました。

・今日学んだことをいかし、日本にきた外国人などに積極的に助けたいなと思いました。

・おもてなしの心の大切さを学んだ。また思いやりや言葉だけでなく、ある程度のスキルも必要なんだなと感じた。

・グループワークで話した際、英語で表現することが難しかったのですが、ジェスチャーを使いながら話すと伝えやすいことがわかった。

・これから様々なボランティアに参加したいと思う気持ちが高まった。

・日本人の良さを知っていただくためには積極的な声掛けが必要だと感じた。

・おもてなしだけでなく、道案内や困っている人に声掛けをすることも大切だと思った。

・私たちの「おもてなし」の態度によって日本に対する印象が変わるのだと分かった。

 

追記

教員の参加も認められたこの講座には、英語科教員5名、他教科10名が受講。生徒と同じグループでディスカッションをしたり、ロールプレイをしたり、楽しく充実した時を過ごしました。生徒ともにバッジを胸に「おもてなし」を実践していきたいと思います。


「ニュース&トピックス」一覧に戻る