• 東京女子学園とは
  • 学校長挨拶
  • 沿革
  • 制服
  • 校歌・校章
資料請求 中学校説明会 高等学校説明会 体験イベント 学園ブログ

初代校長棚橋絢子先生を知ろう! 沿革
幼少頃から学問に親しみ、朱子学に造詣深い漢学者棚橋大作と結婚し、愛知県で寺子屋や私塾などを開きました。その後上京して、国立の東京女子師範学校をはじめとして学習院の教師また爵家の子女への指導で活躍しました。
急速に変貌を遂げつつある時代、東京高等女学校(現東京女子学園)の初代校長として65歳で就任しました。「女性は婦徳・良妻賢母だけでなく、知性にもとづいた自らの力で判断し行動する能力を養わなければならぬ」として、100歳まで校長職を務めました。
「ただ書を読み知識を得るだけでは学問とはいえない。学んだ知識を実際に社会で応用し、物事の道理を悟ってはじめて学問と言えるのである、各自がしっかりと自立し、各自の務めを果たすこと、これが社会に貢献することにもなる」と、女性教育に尽力しました。訃報は、ニューヨーク・タイムズにも掲載されました。

 

棚橋絢子初代校長
棚橋絢子初代校長
初代校長
初代校長 棚橋絢子先生の授業の様子
初代校長
棚橋絢子先生 100歳祝い

 

 

絢子先生は和歌の世界に親しみ、数多くの歌を残しています。

絢子先生は、書をたしなみ、折々に歌を詠んでいらっしゃいました。学園の史料室には一千首を超す絢子先生の歌や、たくさんの自筆の書・画が残されています。
その中から、長寿を、また新年・梅を主題にした歌をご紹介します。

 

絢子先生は百歳まで現役の校長をお勤めになりました。写真[1]は百歳になった折に書かれた短冊です。百歳とはとても思えない、しっかりとした筆の運びを見ることができます。

 

百歳をむかへて

百歳をむかへて

新年雪

 

 

 

 

こま

元旦

 

名刺の大きさ

新年雪

 

 

若水

新年梅

 

 

また、絢子先生は倹約を信条とし、実践されてれきましたが、写真[2][3][4][5][6]は包装紙や不要になった紙を丁寧に色紙型や短冊型に切り揃えて、折々に和歌をお書きになりました。[4][5]は縦・横、約五センチ、六センチのおおきさで、残された色紙型ではおおきな部類ですが、実に精緻な筆致で書かれています。

 

絢子先生の私歌集『梅の一枝』をご紹介します。

 絢子先生は生涯に数千首の歌を詠んだと言われていますが、まとまった形でその歌を読むことはできませんでした。ここに紹介しますのは、昭和13年3月、絢子先生の百歳を記念して出版された絢子先生の私家集です。「私家集」は、「家の集」ともいい、個人の歌を集めた歌集です。今日では入手困難な歌集ですので、その全文をご紹介いたします。
 なお、『梅の一枝』のホームページ掲載にあたっては、株式会社明治書房よりご配慮いただきました。記して感謝申しあげます。

 

「梅の一枝」翻刻     ・「梅の一枝」翻刻・解題

 

 

他にも先生の作品をご覧になりたい方はこちらへどうぞ

  ・歌(甲) 中村光雄文庫

東京女子学園にいらっしゃいませんか 中学校説明会はこちら 高校説明会はこちら 学校アクセス

 

 

このページのトップへ

東京女子学園中学校・高等学校 〒108-0014 東京都港区芝4丁目1-30 TEL03-3451-0912  FAX03-3451-0902